そば粉100%で作る蕎麦はおいしい:十割蕎麦の魅力につかれて
蕎麦粉ご注文道具ご注文そば畑貸します100%蕎麦の作り方そば作り体験感想そばアラカルトお問い合せ
苅野焼き奮戦記


喜多方市熱塩加納のそば粉はここが魅力
(ご使用いただいている方からその魅力を語っていただきました。)

鎌倉市 T.M.様
 蕎麦打ちを始めて17年経過しますが、当初は自分の気に入った蕎麦粉を見つけるために、全国の蕎麦粉をインターネット経由で取り寄せては試食を繰り返しました。
 私の妻も蕎麦好きですので、二人で良く食べ歩きますし、蕎麦本は隅から隅まで読破しては美味しそうなお店にも二人で訪れて自分達の蕎麦汁、蕎麦打ちの力量の糧にしてきました。
 家族の蕎麦味の舌が肥える過程で、会津喜多方の蕎麦粉に出会い、この蕎麦の旨さの虜になりました。自宅の蕎麦会の機会に参加する方々もこの蕎麦の旨さに惚れ込んでいます。
 とりわけ新蕎麦の蒸籠の風味、味覚、喉越し感から漂う充実感は他を圧倒しています。家族もご近所の皆さんも多くの仲間も10年以上に亘り熱塩加納産の蕎麦粉の中毒です。
 年間1千食以上を週末に打つ楽しみも、時間の制約と加齢に伴い減速気味です。蕎麦打ちの更なる技量向上を目指すためにも、益々美味しい世界一の蕎麦粉の生産の研究努力をお願いします。

上尾市 H.F様
 最初に購入した時、茹でたあと味見をした際、蕎麦がホンノリと甘みがありタレがなくとも食べられ、タレをつけると更によし、で気にいりました。
 も一つは、よく煉るとコシがあり更にうどんと違いコシがあっても柔らかいことです。

須賀川市 S.A.様
 そばが好きで、よく食べ歩きをしましたが、ある時友人から頂いた手打ちそばは、いままでに食べたことのない旨い味のそばでした。以来、自分もそば打ちにはまり、現在に至っております。
 その間、県内外からのそば粉も取り寄せて体験ししてきました。そして偶然ネット検索で熱塩加納産そば粉に巡り会うことができました。今まで経験したそば粉と比べ、まず味、そして食感、のどごし、どれをとっても私は好きです。
 個人の好みはあると思いますが、何といっても家族の第一声が「今まで食べていたのは何だったのだろう」でした。他のそば粉で打つとそば粉が残ってしまうので、今では熱塩加納産のそば粉のみで家族、親せきで楽しんでおります。
 最初打つのが大変難しかったのですが、何とか打てるようになり、そばに対する考えも変わったことは確かです。



福島県熱塩加納地区

      血が燃えたぎった
   苅野焼き(かのやき)奮戦記

苅野焼きという焼き畑をして作付けする昔からの方法も、最近ではダイオキシンが発生するとかで禁止になってしまいました。寂しい限りですがあの血が燃えたぎった興奮は忘れられません。

そば畑貸します。こちらへ
玄蕎麦作りは作業時期が決まっていて、蕎麦オ−ナ−の方々が同時に集まりますので蕎麦オーナーの皆さん同士の交流が始まり輪が広がっています。

そばア・ラ・カルト

・蕎麦打ち体験道場
・生蕎麦の感想
・蕎麦の栄養価を見直そう
・そばの料理あれこれ
・そばもやしを作ってみませんか


収穫間近のそばの実


この粉を征服出来るか!
十割蕎麦の
魅力!

挽き立て新鮮そば粉
をお届けします。

当日挽いて当日発送です。
おいしくて
やみつきになる蕎麦粉です。

1kg 2,000円
(新蕎麦粉です)

お申し込みはこちらへ

・そば粉は、福島県喜多方市熱塩加納村産を使用しています。
・例年、新そば粉の出る時期は11月初です。
・購入は一年中大丈夫です。
・ただし12月26日から1月5日の間のご使用は12月23日まで予約ください。
・簡易包装で送ります。



 商品到着後は速やかに内容をご確認ください。品質に万全を期しておりますが、万一商品に不都合な点がございましたら、こちらの問い合せ受付コーナー をご利用ください。



企画・運営
あいづお役立ちねっと
代表 芳賀 裕示
福島県喜多方市花園16番地
ヤマインデックス内事業部
Tel:0241-24-2233
Fax:0241-21-1111
メールアドレス:
kitakatayama@gmail.com

そば道具はこちら
(プロ仕様)

 ・こね鉢 摺漆(栃の木)
 ・
こね鉢 白木(栃の木)
 ・
こね鉢 ウレタン塗装(木粉)
 ・
のし板 (合板)
 ・
のし棒 (ホオの木)
 ・
こ ま (桐の木)
 ・
包 丁 (鋼入)
 ・
そば切り板(桐の木)
好評のし板の脚
(折たたみ可)
(立って出きますので腰が楽です)
 ・そば打ち道具5点セット
  (初心者用)
 ・
漆塗り食器
 少しづつ揃えてみてください。
 大きさはいろいろあります。

蕎麦作りの代用できる道具

 道具は台所にあるもので全て代用できます。道具をそろえるのは、長続きしそうだと確信がもてるようになってからで充分です。そのときは、ご相談(ご注文)いただければ、道具は用意できます。

(あ)のし板。代用はテーブル、DYTでコンパネを四角に切ってもよい。
(い)こね鉢。代用は台所用品のボール、底が広いものがやりやすい。
(う)のし棒。代用はDYTでビニールのパイプ直径約4〜8cm。
(え)蕎麦包丁。代用は菜っ切り包丁。
(お)こま。代用は菓子箱の底かフタ、高さ約5cm位まで。
(か)そば切り台、代用はまな板。

そば作り体験感想をお寄せくださいました。
参考にしてください。

全麺協素人そば打ち段位認定
喜多方大会風景



《 こね方編 - 動画 》

《 のし方編 - 動画 》

《 切り方編 - 動画 》


あいづお役立ちねっと